お焼香の作法

皆さん、お焼香の作法というものをどうやって知りましたか?

私は商売柄、ご葬儀に参列する機会が多いのですがお焼香の仕方をどうやって覚えたのか?

20年以上前ですが、今思い返すと周りの人のやるのを見て、見よう見真似だった思います。

ですから、最初のうちは作法がその都度少し違っていたのです。

香をつまんで顔に持っていったり、それをしなかったり・・・・???今はちゃんと分かってやってますよ。

今、手元に葬儀社さんの会報が届いたのですが、その中で分かりやすく作法が紹介されていたのでご紹介しますね。

 

主な宗派の焼香の作法

真宗大谷派

    香をつまんで2回香炉へ。

浄土真宗本願寺派

    香をつまんで1回香炉へ。

浄土宗・日蓮宗

    香をつまんで軽く顔に近づけてて1回または3回香炉へ。

曹洞宗

    香をつまんで軽く顔に近づけて香炉へ。2回目はすぐに香炉へ。

真言宗・日蓮正宗

    香をつまんで軽く顔に近づけては3回香炉へ

 

葬儀社さんも参列の方に聞かれたりするのでしょうか?

とても参考になりました。感謝です。

 

 


お問い合わせ サイトマップ 会社概要
Copyright (C) 2006 KYOUMUSASHI. All Rights Reserved.
京武蔵
〒920-3114 石川県金沢市吉原町ワ203
TEL(076)257-0084(代)FAX(076)257-0078